探検隊

近年、学校教育現場をとりまく環境は激変しており、2001年に各学校にインターネットへ接続できる環境が整い、2002年からは学校図書館に司書教諭の配置が義務づけられました。
さらに、小、中学校で新学習指導要領が適用されています。
そういった中で、これからの学校図書館は単なる読書の場ではなく、生徒・教諭が適切な情報を入手するための情報教育センター的な役割が求められることになります。
そのような、学校図書館の電算化に向けて様々な状況に対応し、弊社がご提案するのが『探検隊』です。

特徴1:「安く・早く・簡単に」というコンセプトで開発

学校図書館管理システム『探検隊』は、すでに電算化を実施された先生方だけでなく、現在電算化をお考えの先生方にもご意見をうかがって開発しました。
とりわけ、これまでさまざまな要因で電算化を実現することができなかった先生方のご要望に耳を傾け、これまでにない導入の容易なシステムを提供することを心がけました。

特徴2:低価格でも、基本機能も付加機能もしっかり!

低価格にもかかわらず、貸出業務やデータの取り込みなどの基本機能はもちろん、他のソフトにはない機能も含め、多種多彩な付加機能を搭載しています。
画面は小学生向けのものですが、親しみやすく生徒からも好評です。(中高生向けの画面に変更することも可能です)

『探検隊』専用ウェブサイトはこちらをクリックしてください。

サービス