探検隊おしらせ/探検隊バージョン6.0 発売のお知らせ 最終更新日:2005.1.11

2005年1月11日 バージョン6.0リリース、主な機能

探検隊バージョン6.0発売のお知らせ。

(1)スケジュール 2005.1.11 更新

2005年1月11日 バージョン6.0リリース。

  • バージョン5.5からのアップデートが可能です。(『探検隊』バージョン5.5以外のバージョンアップに関しては現在対応中となっています)
  • 校内LAN版をご利用の方は基本システムをアップデートすると、校内LAN版システムのアップデートも必要となります。

(2)バージョン6.0の主な機能 2004.12.27 更新

  1. 複数台で貸出/返却が可能な「ネットワーク機能(『カウンター・開放端末探検隊』)」が『探検隊』基本版の標準機能となりました。探検隊』がインストールされているパソコンとネットワークに接続された別のパソコンに「『探検隊』クライアント版」をインストールしていただくことで、『カウンター・開放端末探検隊』として、検索用端末を複数台(6台まで)つなぐことが可能です。
  2. 蔵書検索で、漢字検索に対応しました。漢字入力によって検索が可能です。
  3. ローカル分類項目が追加されました(棚の位置などを登録できます)
  4. 蔵書検索結果の並び替えが可能になりました。NDC順、書名順、蔵書番号順などの並び替えが可能です。
  5. 蔵書登録時のカーソル移動が設定できるようになりました「TAB」キーによって不要な項目を飛ばし、好きな順序で項目を入力できます。
  6. 蔵書データ作成時の、データ入力支援機能が充実しました。自動読み登録、電卓機能、カレンダー機能など。
  7. 別値を分類貸出統計で設定可能になりました。NDC、A901、も901と同様に集計可能になりました。
  8. 件名機能が充実しました。漢字の件名を入力、検索することができます。
  9. 『TRCD Jr』、『Tool-i』からのデータ取り込みに対応できます。 (『TRCD Jr』は(株)図書館流通センターの登録商標です)
  10. スケジュールバックアップ機能の追加。日次、週次、月次でのバックアップの取得が可能です。
  11. デジカメなどで撮影した図書担当の画面を時間指定で表示することができます。(基本版のみ)
  12. 『e-slip』(イースリップ)に加盟いただくことで、地域の学校間での蔵書検索が可能になります。