第7回 運用開始(表示名称設定(蔵書編))

Xicon.png

前回に引き続き、「表示名称設定」画面の説明だ。今回は蔵書の項目。「費目」についてだ。

Ticon.png

蔵書登録の際に使う項目ですね。「運用管理」メニューから「表示名称設定」画面を開きます。

Xicon.png

費目は蔵書を購入した際の費用の名目だ。スライダーを動かして初期値を確認したまえ。

Ticon.png

「費目」項目は、「0:設定なし」「1:区費」「2:県費」「3:寄贈」「4:団費」「5:図書予算」とあります。

Xicon.png

実際の蔵書登録の際に、多く使いそうな項目はあるかね?

Ticon.png

「費目」項目は「県費」と「寄贈」だけしか使いません。「県費」ばかり使いますね。寄贈はあまり使いません。

Xicon.png

それならば一番使う県費を「0」に設定して、「0:県費」「1:寄贈」と上書きしよう。

Ticon.png

では「2」以降は削除して良いですか?

Xicon.png

「2」以降の削除は問題ない。

Ticon.png

わかりました~

Xicon.png

「0:県費」「1:寄贈」「2:(空白)」「3:図書予算」……とした場合、項目間での空白は「設定なし」が自動的に入る為「2:設定なし」となってしまう。

Ticon.png

注意が必要ですね。「0:県費」「1:寄贈」で後のデータは全て削除しました。

Xicon.png

では次に「保管場所」を設定しよう。

Ticon.png

はい。初期値では「保管場所」項目は、「0:設定なし」「1:図書室」「2:教員室」となっています。

Xicon.png

これもよく使う割合が多い部分は「0」に設定してやると、登録の際に作業が楽になる。

Ticon.png

「0:図書室」「1:司書室」としました! それ以降は削除しています。

Xicon.png

「費目」でも説明したように、項目が連続する場合は、途中で空白のデータが入らないようにしたまえ。

Ticon.png

わかりました。場所をもっと細かく設定することもできますよね?

Xicon.png

うむ。登録が面倒な作業になるが、棚の名前や保健室など「保管場所」は細かく設定しても良い。学校によっては、教室にも蔵書がある場合もあるからな。

Ticon.png

次は受入先の設定をします

Xicon.png

受入先は文字通り、蔵書を受け入れた場所や立場を記載する。

Ticon.png

初期値は「0:設定なし」「1:書店」となってます

Xicon.png

もっとも「受入先」は書店だけではないかもしれないな。自由に登録すれば良い。

Ticon.png

一番使う名目を最初に……と「0:書店」として、あとは削除しました

Xicon.png

この場合、「1」以降は後から登録しても良いだろう。

Ticon.png

わかりました~

Xicon.png

次は「資料形態区分」だな。その蔵書が書籍なのか雑誌なのかなど、資料の形式の区分を登録する。

Ticon.png

初期値は「0:設定なし」「1:書籍」「2:雑誌」「3:ビデオ」となってます。

Xicon.png

Tくんの図書室では、音楽CDやDVDを貸し出す予定でしたね?

Ticon.png

そうなんです。なので、CDもDVDも区分けして……「0:書籍」「1:CD」「2:DVD」「3:その他」としました。

Xicon.png

変更を保存したい時は[保存]ボタンをクリックして保存だ。

Ticon.png

わかりました~

Sicon.png

「表示名称区分」の項目はそれぞれ文字を入力した状態で成立します。また、スペース(空白文字)は認められません。

Sicon.png

「設定なし」としたい場合は空白文字を入力するのではなく「設定なし」と入力してください。



戻る